第9回S&L会 講演要旨
「『料理バンザイ!!』バンザイ!」

2014-06-11 13_59_25
■講師 下川 靖夫さん
 1962年入社、一貫して制作畑を歩く。1982年4月スタートの「料理バンザイ!!」の初代プロデューサー。司会滝田栄、制作KANOX、雪印乳業1社提供のこの番組は2002年3月まで20年間放送された。
■日時 2014年6月11日(水)12時30分~14時
■場所 テレビ朝日社友会(六本木ヒルズタワー16階)E会議室
■内容

① 「料理バンザイ!!」誕生のこと
「料理バンザイ!!」は1982年4月4日スタート。日曜18時からの30分番組(当初は25分番組)。
当番組の放送開始までの8年間は現場から離れて制作管理部にいたが、放送開始の2か月前にプロデューサーを命じられた。
制作会社はKANOXで自分(下川さん)はチェックプロデューサーということだったが、スタート1ヶ月前の3月になってもKANOXサイドが何もしていないことが分かって放送に穴が空きかねない状況に愕然とした。そこでKANOXの担当Pと話してこちらで制作作業を進めることにした。
まず司会者はNHK大河ドラマ「徳川家康」(1983年度放送)収録中の滝田栄に交渉した。理由はふたつあった。滝田栄は中央大学山岳部で熱心に料理に取り組んでいて得意だったこと。もうひとつは番組コンセプトとして単なる料理バラエティではなく視聴者に料理について参考となるような、食にまじめに取り組む番組でありたい、そのためには司会者はまじめでなければならないことであった。
ギャラの問題があったが最終的にOKとなった。そこにKANOXサイドからは滝田だけでは地味だということで当時売り出しの歌手小林幸子を司会陣にキャスティングした。司会2名が決まった。
タイトルも新聞テレビ欄で1行に収まる字数の案で押し通した。

② 第1回収録のこと
第1回の料理人は自分が知っている石原慎太郎夫人に出演交渉してOKを取り、石原夫人から團伊玖磨夫人と三浦雄一郎夫人にお願いしてもらい、結局3人に料理をしてもらうことでなんとか収録に漕ぎ着けた。
ところが収録に際してビートたけしと杉田かおるのゲスト出演が決まっていた。要するに25分番組、正味20分無い番組で、司会、料理人、ゲスト合わせて7人が出演した訳である。案の定、3人の料理もどんな料理かも分からないようなわけのわからない内容になり、次回から料理をするのは2人にした。
結局当初の話では自分はチェックプロデューサーでプロダクションとの窓口であるはずだったが、全面的に制作に関わることになった。その後の視聴率の向上も含めて、制作はKANOXだが実際には局プロデューサーの自分の発言が重みを持つことになった。

③ コーナー企画「たまに行くならこんな店」のこと
レギュラー企画「たまに行くならこんな店」のコンセプトは、1人5,000円、4人家族で20,000円以内で行ける店ということにした。
調査取材に際しては公正を期するためと店に負担をかけないためにも必要な費用は払うようにした。

④ 視聴率とスポンサーの姿勢のこと
当初の3ヶ月くらいは3%台の低い数字だった。スポンサー・電通に強化策を提案しようとしたところスポンサーの雪印乳業は、「雪印乳業は食文化に貢献したいと考えている」「視聴率は要求していない、地に足の着いた番組を作ってほしい」と言うことであった。
その後徐々に上がり始め12月には18%台を記録し成果が出てきた。

⑤ 海外ロケのこと
放送開始の2年後に雪印乳業がワインを輸入することになり、営業要請で海外ロケの話が出てきた。ローマとパリでワインのある暮らしを紹介する番組を作りたいということであったが出張についてひと悶着が局内にあった。
このロケはトラブル続きとなった。
まずスタート時点で滝田栄がNHK大河ドラマの撮り直しで出発が遅れた。次にヨーロッパに着いたら歴史に残る交通ゼネストで、予定していた俳優が撮影に来られなくなった。急遽予定を変更、ロベルト・ムッソリーニの孫娘で新進女優のアレッサンドラ・ムッソリーニを起用してローマでの収録を行った。
さらに翌日パリ行きのTGVに乗る予定が、ゼネストで列車が動かず行けなくなってしまった。つぎはぎの臨時列車を押さえたが、豪華なTGVの食堂車の取材のはずが小さな食堂車のロケに変わった。現地のコーディネーターの獅子奮迅の活躍に感謝している。
パリではジョルジュ・ムスタキとミレーヌ・ドモンジョの収録をどうにか終えた。トラブルは続きその際に3台のカメラのうち1台が壊れてしまった。
その後、ルネ・クレマンとポール・モーリアの料理を収録、ここではKANOXの久世光彦代表の人脈の広さを思い知った。帰国の際にはタイアップしたKLMオランダ航空の機内食も取材した。

⑥ その後のこと
「料理バンザイ!!」のプロデューサーを4年経たのちに制作4部長となって、現場から距離を置くことになったが人間関係やらもろもろの事柄に巻き込まれたり波乱万丈の制作者生活を送る仕儀となった。
以 上

記録 福島基之


2014-06-11 13_55_44
2014.06.16 / Top↑

酔句会短信   (平成25年11月酔句会)

 四季に恵まれた日本では、季節ごとに美しい風景を見ることができますが、春の代表桜に対して、秋は紅葉でしょうか。酔句会では今回、紅葉を兼題にして句を作りました。

 わが窓を染めて隣家の櫨紅葉(和子)
 死するとは次の始まり冬紅葉(伸彦)
 老妓去る立居振舞い庭紅葉(潔)

 秋は「食欲の秋」でもあります。河原で芋煮会は各地で見られる風景であり、汁の味も様々。次の句は四国の大洲が舞台です。

 ご城下の河原かがり火いも炊き会(和生)
 芋ふかし腹の足しにと夜なべする(ひろ子)
 
 秋には果実が獲れたり、昆虫たちが飛び跳ねたり、いろいろな風景がみられます。時には季節はずれの花(帰り花)が咲いたりもします。そんな秋の様々な風景を詠みました。

 廃屋の枇杷咲きながら伐られたり(和子)
 蟷螂が白秋の空に鎌をあげ(俊夫)
 同窓会終りて道に帰り花(賢策)

 俳句は心の風景まで描き出してしまいます。ベテラン二人の詠んだ今回の上位3点句を結びに…

 黄落にあふれて白し島ホテル(潔)
小春日に猫恙無し大あくび(昭一)

                  選・文責 吉田
2013.11.26 / Top↑
第2回S&L会 
             「コメと微笑みの国~タイ国最新事情」

■講 師  直井 謙二さん
4代目及び7代目のバンコク特派員で合計約10年タイに在住

naoi.jpg

■日 時  2013年10月9日(水) 12:30~14:00
■場 所  テレビ朝日(六本木ヒルズタワー16階)A会議室
■参加者 10名

sl syuugou


講 演 要 旨
 【タイ社会の成立】
① 現在6000万人いるタイ族のルーツは、中国雲南省の少数民族で、インドシナ半島に
  南下してタイ国を作った。雲南省のタイ族は現存していて、言語・服装・習慣等今でも
  共通している。
② 本来インドシナ半島には11世紀までクメール族(カンボジア)とモン族の2種族が
  住んでいた。その後キン族がベトナムに、ビルマ族がビルマに、タイ族がタイに南下して
  建国した。タイはインド文化を受容、サンスクリット文字を改良してタイ文字を作った。
  (ベトナムは中国文化を受け入れたため儒教思想が普及した。)

【コメとタイ社会】
③ アジアモンスーン気候と大河による稲作で繁栄を築いた。タイのスコータイ王朝の
  ラムカムヘン大王の言葉に「水に魚あり、田にコメあり」。
④ コメは単なる食料としてのみならず、国の安定、社会の繁栄の基盤となっている。
  例えば1986年のフィリピン革命の際にコメの流通を握る華僑がコメを隠したことで、
  民衆の怒りが爆発して革命が成就した。また1988年にはビルマで華僑が暴利を得る
  ためにコメを隠したために、市場からコメが消えて暴動が起きた。
  さらには1998年にインドネシアのスハルト政権が崩壊した時もコメが消えて中華街が
  焼き討ちにあった.現在の中国が経済成長率7%確保を至上命題としているのも、
  国民を食わせる事の出来る最低限度の数字だからと言われている。
  日本においても進行中のTPP交渉も含めてコメは最重要品目であることに変わりはない。
⑤ タイはかつては世界第一のコメ輸出国だった。貧しくても安定した生活を送っていた。
  ところが1985年のプラザ合意以降、円高の影響で自動車をはじめとする日系企業が
  続々進出、田畑は工場に変わり、加えて儲かることから盛んになった内陸部での
  エビ養殖による塩害が重なり、コネの生産が急減、今やコメ輸出は第3位に転落。
  さらに現インラック政権の農業政策、政府がコメを買い上げる保護政策も国際競争力を
  落としている。
  また工場用地開発でネズミの天敵のヘビが激減、大量のネズミが稲を荒らすので、
  ネズミの駆除が目的のネズミ祭りが開かれ捕獲競争が行われている。

 【タイのカントリーリスク】
⑥ コメの収穫の減少。
⑦ カンボジア・ネパールなど周辺国の王制廃止が続く中、プミポン国王の年齢と
  王位継承問題が浮上している。
⑧ 南部タイのイスラムゲリラのテロ活動によって、ここ10年で1500人が死んでいる。

【タイの社会構造】
⑨ 小乗仏教が盛んで、男子は一度は出家する。坊さんだけが救われると言う思想なので、
  坊さんを大切にすることで自分の来世が決まると考える。
  僧侶は托鉢して修行、金・女性に触れない。
  寺は文化の中心となり、この仏教の仕組みが、例えば失業するとお寺に入るという
  ように社会のセフティネットにもなっている。
⑩ タイは母系家族で家庭では母親が実権を握り、華僑の儒教思想による父系族との
  ずれがある。遺産相続も末娘になる。
⑪ 身分制度も現存している。例えば支局で雇っている助手と車の運転手が同席しての
  食事は絶対にない。

【日本人との交流の歴史】
⑫ アユタヤの日本人町は、原っぱだった土地に古地図から割り出して復元した。
  中曽根政権時に修好100年記念で作られた。山田長政が実在したかどうかは不明。
⑬ 泰麺鉄道は1944年に、イギリス人捕虜5万人とアジア人労働者15万人が1年で作った。
  犠牲者が出たが死者はアジア人が多かった。
  因みにその20年後の1964年に新幹線が開業、日本の高度の鉄道技術が活躍している。

【ロングステイについて】
⑭ アジアで唯一太平洋戦争で戦場にならなかった国で、たいへんな親日である。
  「頬笑みの 国」と言われるように国民性として人の扱いが非常にうまい。これは要注意。 
  また何事によらず遠慮意識を持つ。
⑮ 植民地にならなかったことで、英語が通じにくいという現象がある。
⑯ 年間所得が2000ドルを超えるとスーパーマーケットが出来ると言われるが、
  最近沢山のスーパーが出来てきている。

                                                 以 上



2013.10.18 / Top↑
酔句会短信      2013.10.10

 秋は空が冴えわたり、月がひときは美しい季節。酔句会では中秋の名月の前夜9月18日の句会で、そろぞれ「月」にまつわる句を披露しました。

 草千里一人の広さに月昇る(潔)
 月の出を山駆け下りる遍路道(和生)
 裏通りロックの響き月明り(昭一)
 戸をあけて畳につくる月の道(賢策)

 秋といえば、「食欲の秋」。秋刀魚は今年高値が続いたのですが、会の前後から落ち着きをみせ、新鮮でおいしそうな句が並びました。

 秋刀魚売る灯に銀色を跳ね返し(潔)
 サンマ焼くにおいでわかるお隣さん(ひろ子)
 
 今年の夏も原爆投下や終戦にまつわる特集が新聞・テレビで報じられました。フクシマの問題も解決してなく、平安を願う気持ちは句にも込められています。

 いざ戻れ月見楽しむ平安に(俊夫)
 罪無くてこの月見むか北の友(明)

 そして、残暑が残る句会から時間が経過し、涼しい風が吹き始め、野山は秋の草花で埋め尽くされています。
 膝枕暫し眠らん萩と月(伸彦)
コスモスをかたげし蝶の重さかな(和子)
   
 10月中旬は17日に「十三夜」19日に「満月」と、俳人を志すものにとっては、創りどころ。「月の客」となって一句ひねってみませんか。そして、俳句のことを知りたくなったり、語りたくなったりしたら酔句会へ。入会お待ちします。 (選句・文責 吉田) 
       
2013.10.11 / Top↑
第1回S&L会 講演要旨
「『山の日』を作ろう!!

■講師 成川 隆顕さん
    テレビ朝日社友、日本山岳会評議員、「山の日」制定協議会代表幹事
■日時 2013年9月13日(木)
■場所 テレビ朝日社友会(六本木ヒルズタワー16階)B会議室
■資料 パンフレット「山を考える」4種(知識編、健康編、動物編、安全編)
    コピー4種①成川さんのリポート『山と博物館』から「にっぽんに「山の日」をつくろう」、②「ローツエ・シャール1965」から、③「チョンムスターグ(6962m)」から、④「崑崙で思ったこと」から
■内容
 (何故「山の日」なのか)
 ①国民の祝日として7月の第3月曜日は「海の日」である。そこで世界有数の山岳国日本として、是非「山の日」を同様の祝日として制定を目指したい。
 ②配布した4種のパンフレットは「山の日」制定協議会(日本山岳協会、日本勤労者山岳連盟、日本山岳会、日本山岳ガイド協会、日本ヒマラヤンアドベンチャートラストの5団体が加盟)で作成した。
 ③それによると、「わが国の国土は7割近くが広い意味での山であり、その多くを森林が覆っている。古くから日本人は山を信仰の対象として崇め、森林の豊かな恵みに感謝し、自然とともに生きてきた。」として、「山の恩恵は渓谷の清流を生み、我が国を囲む海へと流れ、生きとし生けるものを育むたけではなく豊かな心をも育んできた。」と謳っている。
 ④そして「我が国の文化は「山の文化」と「海の文化」の融合によってその根幹が形成されてきたと言われている。」として、国民の休日として是非「山の日」の制定を提案したいと結んでいる。
 ⑤そもそも海がきれいで豊かであるためには山が大きく影響している。「山の日」を制定することで日本人の心に、山を大切にしよう、山を楽しもう、子供たちに美しい大自然を残そうと言う気持ちがより一層強まり、山から川へ、川から海へ自然を守る意識が繋がっていくと考えられる。
 ⑥府県ごとに「山の日」はあるが、バラバラで且つ例えば静岡県の「富士山の日」が語呂合わせで2月23日になっていて登山には不可能である。やはり国民の祝日として、山の日に相応しい日を考えたい。
 (テレビ朝日と山について)
 ⑦本来テレビ朝日は、開局以来1959年7月の槍ヶ岳中継始め山と熱心に取り
組んできた民放テレビ局である。その後も大谷映芳君がネイチアリングなど
でがんばってきた。しかしながら今はNHKが世界レベルでイギリスBB
C・アメリカABCと組んで素晴らしい映像を作っている。
⑧自分(成川)は東京オリンピックの時、エベレスト初登頂したシェルパのテ
ンジンと会った。日本山岳会が招聘したもので、その後日本人がエベレスト
に登頂した。
 (「山の日」をいつにするか)
 ⑨年間で祝日の無い月は6月と8月である。子どもに親しみを持たせるには
夏休みの8月よりも6月がよい。山の緑が輝き、且つ梅雨の直前の晴れの
日が統計的にも多い6月の初めが良いと思われる。案としては、分かりや
すく6月1日とする案、また連休を考えて「海の日」のように、6月の第一
月曜日とする案、さらには6月ではないが現行の「みどりの日」を「山の
日」にしてはどうか等出た。
「山の日」が来て、“そうだ山へ行こう!”となるようにしたい。
⑩今年4月10日、超党派の国会議員による「山の日」制定銀連盟が設立され
た。会長は衛藤征士郎さん、最高顧問は日本山岳ガイド協会会長の谷垣禎
一さん。来年1月の通常国会での議案提出を企図している。
 (その他)
 ⑪トヨタ自動車の重役によると、良く出来る社員ほど会社以外の時間の使い
方が上手であること、山に登るには時間がかかるが新しいエネルギー・力
を山から得る事が出来るとのことである。
 ⑫「別れの一本杉」等の作曲家で日光市に住む船村徹が地元紙の下野新聞で
「山の日」を作ろうと呼びかけている。今後野口健や三浦雄一郎等にも参
加してもらい活動を広げたい。
 ⑬「海の日」は運動して制定まで30年かかった。1000万人が署名した。「海
の日」は海の恵みと海運国日本をアピールした。
「山の日」の運動では山の恵みと山でボーっとしようという、ゆるキャラ
で考えたい。
 (事務局長から)
 ⑭S&L会は初めての試みとして第1回を実施したが、是非参加した社友の
方々のご意見をお伺いしたい。社友会の会員であれば誰でも参加できます。
次回以降について改めて連絡させていただきます。

                  以 上
2013.09.28 / Top↑