上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
sakura.jpg


昨年春以来の酔句会この度も句会の開催を諦め
郵送形式で行いました。
五名の会員から25句が寄せられ
選句の結果は下記のとおりとなりました。

投句者 笠原 明、橋本 潔 真子 昭一 青木 克博 長谷川 和生


三点句

歎異抄続きの如き春の地震(ない)  明

二点句

日向ぼこ昔語りのふと途切れ   昭一

春灯金釘流のお品書き      克博

毀たれて冬日差し居り五輪塔   明

狛犬が見つめる花の朧かな    潔

一点句

無惨なりみぞれとなりて雪だるま  昭一

桃の花女ばかりの孫三人     克博

短冊の辞世うすずみ(墨)寒の鯉 和生

連なりて盲ひとなりし目刺かな  克博

藤綱の銭探さむか春の川     明

日脚のぶ何を語らう犬仲間    昭一

老いてこそ梅の白さの映えて来し 明

落椿十歩のほどに眠る猫     潔

春節の煙まといて酒家に入る   潔

momo.jpg


無点句

千林忌に心休ませ給えしか    和生

如月の瀬戸の早潮止りけり    潔

受験生花粉便りに耳澄ませ    昭一

病む我に妻は幽く豆打ちぬ    明

風花や背筋は猛き毘沙門天    潔

春めけばマスクいよいよ手放せず 昭一

梅もまだ再建いまだ愚陀仏庵   和生

スカイツリー天の高みに春灯   克博

シマ桜南より来りて弁財天    和生

ひもじさが先で恥づかし恋の猫  克博

手をそえて薄き猪口に初しぼり  和生

                      以上
かすみ草


昨年五月会員の碓氷夕焼さんが、
そして今年三月に土井 隆さんが逝去されました。
年々句友が旅立って行くのは悲しみの極みです。
生前お二人が詠んだ句を記しご冥福を祈ります。

秋霖やしばらく人に逢う日なく    夕焼

胃肝臓胸まで病みて春寒し

病窓に富士を仰いで春を待つ

良寛の大愚になれず八十の春     隆

色艶を残して散りぬ柿落葉

畦二尺千の棚田に春の水

すみれ②

また二人ふえし酔句の仏たち    
              合掌 


                       >青木 克博 記
                             編集:内田則子、十川公延
スポンサーサイト
2012.04.05 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。