上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
酔句会短信
                 2014年11月
 紅葉と並んで、秋の代表的な風景は銀杏が奏でる景色。草木が黄色くなり落ちる様を「黄落」といい、季語になっています。外苑前の風景はオリンピックを控えて変わるかもしれませんが、それぞれの心の風景は変わることはありません。
 黄落の図書館の坂しずまれり 和生
 黄落や洗ひし鍬の底光り お軽
 黄落を散り敷いたまま留守の家 潔
 黄落や歩きつくして古都の路地 潔

 そして、秋刀魚と並んで秋の代表的な魚は鰯。昔は海の色が変わるほど獲れたといいます。金子みすずの詩にあるように、大漁の時鰯は「お弔い」をしているかもしれませんが…。19日の句会では「黄落」「鰯」が兼題として出されました。そして、秋の大空には大漁を呼ぶとされる鰯雲が浮かびます。
 鰯にはみすずの詩が聞こえるや 和生
 骨を取り鰯差し出す君愛し 俊夫
 「癌ですね」さらりと医師や鰯雲 伸彦
 澄んだ空見上げる先の鰯雲 ひろ子

 雲に誘われて旅をなさった方も多いのではないのでしょうか。俳句を眺めていると、旅愁が湧いてくるのが不思議です。友からの便りに一句添えられていたらいいですね。
 錦秋の波をしずめて岩船山 和生
 松島の牡蠣炊く小屋にバス停まる 花筏
 湯煙りやゆらり銀河に吸いこまれ 賢
 ユキムシがもう舞ってるよの友便り 俊夫

 大雨や噴火など天変地異の年もまもなく終わりを告げます。先の皆既月食は象徴的な月だったのでしょうか。今、澄んだ夜空に何事もなかったかのように星が輝いています。
 天と地のただならぬ年赤き月 賢
 流星や寂しき猫の影法師 お軽

 ちょっと早いのですが、良いお年を。来年は初句会の報告から。
今回は、今旬な俳人の句で結びます。
 爽やかや紙と鉛筆だけもつて 今井肖子         (賢)
2014.11.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tvyuculture.blog137.fc2.com/tb.php/113-11dba9a9
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。