上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
酔句会短信
                   2016年3月号
 まだ子供達が氷と戯れる立春あたりから、新入生や新卒の服がまぶしい春たけなわまで、景色の変化はめまぐるしいものがあります。無彩色のトーンが変わり、梅の赤や白がアクセントを添え、そして新しい人を待つ。酔句会にも新人(一枝)が入りました。
 薄氷を割る長靴や赤白黄 けん
 かんばせは天を仰いで落椿 たがや
 甲斐の山蠟梅透かし屈み見る 和生
 梅香り次は私と出番待つ 一枝

 梅が終われば桜。川端に咲き誇るソメイヨシノもいいのですが、山に深く分け入り一本の山桜と出会ったり、桜に惹かれながら歴史の世界に思いを馳せたりするのも一興かも。
 吉野山桜吹雪と湯あみする 一枝
 花冷えや電話の鳴らぬ今日一日 たがや
 西行庵ただ山桜佇みて 司馬楽
 祇王寺に桜は遅く小雨降る きよし

 そして本格的な春が来ます。最初は春疾風など突風が吹きすさび、春塵も舞いますが、やがて太陽が暖かくまわりを包み、木の葉も緑を増してきます。お祝いの席も多い時期ですが桜鯛もおいしくなりました。繰り返す生の営み。年月は地層を重ねていきます。
 春塵や土塀は長く法隆寺 きよし
 浜で買う海坂藩の桜鯛 花筏 
 縄文の地層に鯛の骨泳ぐ 司馬楽
 手弱女と一夜過ごせし春の夢 伸彦
 新園児若葉と競え未来絵図 俊夫

 移り行く春を時系列で追ってきましたが、今回の句会では、春の色彩を3色それぞれで見事に捉えた句があり、高得点句となりました。同一作者によるものです。色彩の春、これからが一層楽しみです。
 水取や火の粉に崩る人の闇 お軽
 花万朶枝々に鬼棲まはせて お軽
 蒼き潮纏ひてあがる春の鯛 お軽       
                           
*酔句会短信は次号より別筆者にて新たな形で発信します。(けん)
 
 
 
 
2016.03.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tvyuculture.blog137.fc2.com/tb.php/134-95ec5577
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。